お薬手帳とは…

あなたの“安全な服用”を守り続けるのが『お薬手帳』です。

『お薬手帳』は、あなたに処方されたお薬の名前や飲む量、回数などの記録を残す為の手帳です。

医師・歯科医師・薬剤師は、この『お薬手帳』をもとに
 ◇今どんな薬を飲んでいるのか
 ◇今までにどんな薬を飲んだ事があるのか
 ◇どのくらいの期間飲んでいるのか
 ◇副作用・アレルギーが過去にないか
 ◇入院中の経過や退院の時の処方内容
などを確認しています。

複数の診療科や医療機関に通っている場合、お薬の飲み合わせによっては、思わぬ副作用が出てしまう事も考えられます。お薬を安全に服用する為にも、是非『お薬手帳』をご活用ください。

『お薬手帳』Q&A

Q.「お薬手帳」はどのようにして使うのですか?

医療機関を受診される際に、保険証と一緒にお出しください。また、薬局で処方せんを出される際も、処方せんと一緒にお薬手帳をお出しください。
市販のお薬や健康食品などを購入する際にも、お見せいただくと良いと思います。是非、購入したお薬や健康食品などの名前も記録しておきましょう。

Q.飲んでいる薬の名前は覚えています。お薬手帳は必要ですか?

必要です。例えば、災害や事故、病気などで意識を失った時、お薬手帳があなたに代わってお薬や病気の説明をしてくれます。東日本大震災や阪神淡路大震災の時も、お薬手帳が大変役に立ちました。

Q.ほとんど薬を飲まないのですが、お薬手帳は必要ですか?

数年前に飲んだ薬の種類等を覚えているのは、意外と難しいもの。たまにしか飲まないからこそ、お薬手帳は重要です。

Q.今、薬は飲んでいません。お薬手帳は必要ですか?

「薬を飲んでいない」という事実が分かることも重要です。「薬を飲んでいない」「持病が無い」という情報は、医師が薬を処方する際の助けになります。白紙のお薬手帳にも意味があるのです。

Q.他の薬局で作った「お薬手帳」でも使えますか?

お薬手帳は、全国どこの医療機関や薬局でもお使い頂けます。医療機関や薬局ごとに複数のお薬手帳を作ると、重複や飲み合わせなどのチェックが出来なくなってしまいます。お薬手帳は必ず一冊にしましょう。

『お薬手帳』は、あなたと医師・歯科医師・薬剤師をつなぐ大切な医療情報です。保険証と一緒に常に持ち歩きましょう。